東京下町の代名詞浅草で賃貸

駅から離れた場所にはタワーマンションも出現し始めましたが、浅草地区に建つマンションの主流はどちらかといえば中規模、小規模物件です。

供給元となるデベロッパーには大手も少なからず含まれています。

階数は11階建てくらいが最も多いようです。

賃料はまちまちですが、ワンルームであれば数万円台から選べます。

東京下町の代名詞ともいえる浅草はイベントの多い町です。

初詣に始まり、三社祭、ほうずき市、サンバカーニバル、羽子板市など、町のシンボルともいえる浅草寺界隈を中心に月に一度は何かしらの行事が町を上げて行なわれていますので、浅草で賃貸をすると、こうした楽しいイベントを町にいながらにして満喫できます。

こうしたイベントの中でも、とりわけ地元で人気が高いのは毎年7月最後の土曜日の夜に打ち上げられる隅田川花火大会です。

この花火大会を見るために、浅草にマンションを賃貸する人もいるほど人気の高いイベントです。

したがって、部屋を選ぶ際には、窓から打ち上げ会場が見えるかどうかのチェックが必要になるわけですが、隅田川花火大会の打ち上げ会場は2箇所ありますので、どちらか片方が見れる部屋を探すのは、それほど難くありません。

さらに花火に加え東京スカイツリーの眺望も浅草はグッドです。

イベントは非日常ですが、日常の買い物などでも、浅草は便利な町です。

ROXや松屋デパートの地下には食品売り場がありますし、スーパー、コンビニもたくさんあります。

また、地域内に小学校が二つあるのも通学に便利です。

東京で賃貸を考えるなら、浅草は生活が楽しめる上に交通アクセスも良く、お勧めのエリアです。

参考サイト東京都の賃貸マンション賃貸物件情報 – 【入居決定で7千円贈呈】

Welcome , today is 日曜日, 2014年12月21日